お葬式に行く前にこれだけは知っておこう

知っておくと便利!こんなマナーもあります

数珠を持参

お葬式に参列したときに、数珠を持参しているという他の参列者の方を見たことがある経験がおありの方もいらっしゃるでしょう。
そして、いざ自分が参列する際に数珠を持参した方がいいのかどうかと悩まれた方もいらっしゃるかもしれません。

数珠は持参出来そうでしたら、出来ればしましょう。
そのときに、先方の宗派との兼ね合いを考えてしまったりすることもあるでしょうが、ご心配なくご自分の宗派の数珠をお使いしてください。
また、一般に販売されているのでも構いません。

ただ、一つだけ注意していただきたいことがございます。
それは、数珠はアクセサリーではないということです。
たまに数珠をアクセサリーとして着用している人がいますが、あれはアクセサリー用の数珠であり本物の数珠ではありません。
数珠は大切な法具になりますので、絶対に大事に取り扱いましょう。

お焼香や持参品

次は、お焼香時のマナーやお土産を持って行くのかについてお話したいと思います。

お焼香は立ってする立礼と座ってする座礼の二通りが一般的です。
どちらでも間違ってはいないので、自分が思うようにすればいいでしょう。
お焼香の順番も、事前にきちんと勉強しておくといいでしょう。

また、中にはご遺族へのお土産をご持参すればいいのかなどとお考えの方もいらっしゃるでしょう。
それに関しては、事前にご遺族に一言相談した方がいいと思います。
なぜかと言うと、宗派によってルールがあったり、家に置き場所がなかったりするということが結構多いからです。
それに、事前に何もないままに持ってこられると、ご迷惑に感じるご遺族の方も少なからずいらっしゃるからです。
ご遺族へのお気遣いも、お葬式の大事なマナーの一つです。



ページ
先頭へ