お葬式に行く前にこれだけは知っておこう

今一度、お葬式のマナーを把握しておこう

時間厳守で

まずは、何よりも開始時間に遅れないようにしましょう。
遅れてくると、ご遺族や他の参列者のみなさまにご迷惑がかかってしまいます。
なので、仕事を抜けてきたなど特別な事情が無い限りは、遅れるのはやめておきましょう。
なるべく、定刻よりも少し早く到着するように心がけましょう。
また、万が一途中で早退する場合は、出来るだけ端の席に座るようにして、お焼香が済んだら速やかにそして静かに立ち去るようにしましょう。

告別式の会場に着いたら、受付を済ませるのをお忘れなく。
その場でお香典をお渡しするのや、芳名帳に記帳するという大事な作業がありますので。
ちなみに、お通夜ですでにお香典をお渡ししているときは、記帳のみでOKです。

お悔やみの言葉は

参列した際に、ご遺族にお悔やみの言葉を述べた方がいいのかどうか悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。

お通夜で述べる場合は、他の参列者のことも考えて、なるべく手短に済ませましょう。
小さく低めの声で、「この度はご愁傷様です」や「この度は突然のことで」などと述べれば大丈夫です。
それだけでも十分気持ちは伝わりますので。
そして、きちんとお辞儀をしましょう。
もし、お悔やみの言葉が上手く言えなかったり、いい言葉が思い浮かばなかったら、黙礼するだけでも構いません。
葬儀や告別式の最中は、お悔やみを述べないのがルールです。
目が合っても黙礼だけにしておきましょう。
どちらにせよ、お悔やみの気持ちが伝われば、それだけで大丈夫だと思います。



ページ
先頭へ